割れてしまった陶器は接着剤で直せる!修復する方法やコツとは

公開日:2022/09/01

お土産で購入した思い出の湯飲み、プレゼントでもらった高価な花瓶、もしも割れてしまったら、諦めるしかないのでしょうか。実は割れてしまった陶器、接着剤でも修復できます。この記事では、陶器が割れたときに接着剤で修復する方法を紹介します。最適な接着剤選びや、修復作業のコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

割れた陶器の修復は接着剤でも可能

接着剤には無数の種類があり、それぞれ成分や機能が異なります。また接着方法によっても多くの種類があり、その分別は無限にあるといっても過言ではありません。

では割れてしまった陶器、接着剤で貼り合わせて修復することは可能なのでしょうか?結論から申し上げますと、接着剤でも割れた陶器の修復は可能です。ただし粉々に割れてしまった場合や、破片がすべて見つからない場合は修復困難です。

あくまでも割れ方が小さく、破片がすべて揃っている場合に限ります。思い出の詰まった大切な陶器が割れてしまっても、処分する前に接着剤による修復を試してみましょう。

なお、陶器の修復には接着剤選びが重要です。次項では、陶器の修復に最適な接着剤の選択方法を紹介します。

割れた陶器の修復に使う接着剤の選び方

先述したように、接着剤には多くの種類や製品があります。基本的には「陶器用」や「せともの用」と記載された接着剤を使用しましょう。使用用途の多い汎用接着剤も便利ですが、陶器の修復には力不足の可能性があります。

「エポキシ樹脂」の接着剤もおすすめです。エポキシ樹脂接着剤は、ほかの接着剤よりも強度が高く、一般的な瞬間接着剤や木工用接着剤よりも強力に接着できます。

エポキシ樹脂接着剤とは

1液タイプと2液タイプの2種類がありますが、陶器の修復には2液タイプがおすすめです。2液タイプは本剤と硬化剤に分かれており、2つを混ぜることで、化学反応を起こして固まります。

1液タイプは接着剤を固めるために専用の機械が必要です。そのため、家庭用に販売されているエポキシ樹脂接着剤は、2液タイプが主流となっています。

2液タイプの効果時間は最短で30分程度です。短時間で固まるため、工作や簡単なDIYでも使いやすいでしょう。エポキシ樹脂接着剤は、室温の高い夏は固まりやすいですが、冬は時間がかかる傾向にあります。寒い時期には、しっかりと時間を置いて接着剤を固めましょう。

割れた陶器を修復する方法とコツ

割れた陶器を修復する際の手順を紹介します。細かいステップで修復作業を実施すると、失敗を防げます。

陶器を接着剤で修復する際のコツ

まずは割れた破片をすべて回収し、接着面とともに水分や汚れをふき取っておきましょう。どの破片から接着すればいいのか、接着剤を塗布する前のシミュレーションも重要です。

次に接着剤に付属されていたヘラを使い、接着面に塗り付けます。破片を元の状態と同じように組み合わせ、手で力を入れて固定します。すぐに手を離すとズレる可能性があるので、注意しましょう。もし接着剤がはみ出た場合には、爪楊枝や綿棒などを使ってふき取ります。

しっかりと乾燥できたら、次の破片の接着に移りましょう。一つひとつの破片を丁寧に貼りつけることで、仕上がりに違いが出ます。すべて接着できたら、1~2日ほど乾燥させましょう。これで割れた陶器の修復は完了です。

接着剤にひそむ危険性

簡単そうに見える割れた陶器の修復ですが、実は危険性も含んでいます。体調不良を起こす可能性もあるため、必ず接着剤の取り扱い説明書を確認しておきましょう。

多くの接着剤は「火気に注意」と記載されています。接着剤には有機溶剤が含まれているため、引火のおそれがあります。コンロの近くやタバコを吸いながらの作業は危険です。火の近くを避け、安全な場所で作業しましょう。

作業場所の換気も重要です。接着剤は、においのキツイものがあります。密室で作業していると、気分が悪くなったり、頭が痛くなったりするリスクがあります。窓を開けたり、換気扇を回したりして、室内ににおいが充満しないように注意しましょう。

また接着剤は、やけどを引き起こす可能性があります。なぜなら衣類に染み込んで接着剤の表面積が拡大した場合、化学反応が急激に進み、化学反応熱が発生するからです。軍手のうえに大量の接着剤が付着し、それが染み込んでしまうと、大やけどに発展するおそれがあります。

接着剤によるやけどを防ぐには、作業時、布製の軍手は避けましょう。ゴム製やビニール製の手袋がおすすめです。また、衣類に接着剤が付着した場合には、慌てて脱ぐのではなく、衣類のうえから冷水で充分に冷やしましょう。

まとめ

陶器が割れてしまっても、専用の接着剤を利用すれば修復できる可能性があります。諦めずに細かい破片も回収して、保管しておきましょう。接着剤には使用用途の広いもの、専門性の高いものがあります。陶器用の接着剤やエポキシ樹脂接着剤を利用すれば、よりキレイに修復できるでしょう。

接着剤を使用する際は、火気や換気に注意します。衣類や皮膚への付着にはとくに注意しましょう。接着面が広がると、やけどを負う可能性があります。接着剤は正しく、安全に利用しましょう。

おすすめ陶器修理業者ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社M&I株式会社アレックス朝日画廊株式会社工房いにしへ修復工房おと家
特徴高い技術と経験がある職人がこだわりのパフォーマンスを発揮!顧客の思いに応えるためスピーディーかつ、きめ細やかな対応を心がけているさまざまなものの修復と修理を丁寧に行う「共直し」という手法で一つひとつの作品を丁寧に修復する「共直し」という手法で一つひとつの作品を丁寧に修復する
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索