日本の伝統技法である金継ぎとは?大切な器を蘇らせる技術の魅力!

公開日:2022/10/15

金継ぎは、ハンドメイドやDIYブームの影響もあってか、近年よく聞くようになりました。ものがあふれる現代では、欠けたり割れたりした器は簡単に買い替えられます。しかし、安価で手に入る時代だからこそ、金継ぎに魅了された人が多いのでしょう。今回は、金継ぎの歴史や魅力、初心者が金継ぎに挑戦する方法についても紹介します。

金継ぎとは

金継ぎとは、割れたり欠けたりした器を、天然の漆(うるし)を使って修復する日本古来の伝統技法です。漆はウルシの木から採れる樹液を加工して作られます。湿気や塩分にも強く、耐水性や防腐性、防虫効果などさまざまな効果を持っているのが特徴です。

この漆を加工すると、人体に無害で自然にも優しい接着剤が完成。天然由来の接着剤として、重宝されています。

金継ぎは割れ目や欠けた跡を、歴史の一部としてとらえます。そのため、目立たないように接着する修復方法とは、コンセプトが大きく異なるでしょう。金継ぎの歴史は諸説あるものの、安土桃山時代から江戸時代ごろといわれています。

この時代はお茶文化が発展しており、高価な茶器を保有することに憧れを抱く人がたくさんいました。大切な器が欠けたり、割れたりした際にも修理して長く使うため、金継ぎの技術が生まれたのでしょう。ものを大切にする日本文化の象徴ともいえます。

割れたり欠けたりした器を蘇らせる金継ぎの魅力

金継ぎは日本の未来、海外でも注目される伝統技法です。実際に金継ぎを体験できるワークショップや講座も開かれており、その人気は計り知れません。金継ぎを現代風のいい方に直すと「リメイク」でしょう。古くなったり壊れたりした器に金継ぎを施せば、引き続き使用できます。

修理して使えるので、これまでよりも気軽に、大切な器を使用できるでしょう。出番が増えた器も、きっと喜びます。もったいないから、高価な器だから、といった理由で、器をしまい込む必要がなくなりますよ。

また金継ぎの模様は、おしゃれなデザインとしても楽しませてくれます。修復跡もありのままのデザインとして受け入れる思想は、禅にも通じる部分があるでしょう。

さらに自分で金継ぎを行えば、壊れてしまった器と向き合う時間にできます。金継ぎは細かい作業の繰り返しです。1週間ごとに漆を上塗りするため、1か月以上の時間も要します。

しかし時間をかけて手入れをするほど、器の魅力を深く知れ、愛着も湧くでしょう。思い入れのある器こそ、金継ぎをして修復してみてはいかがでしょうか。

金継ぎは初心者でもできる?

高い技術が必要に見える金継ぎですが、実は初心者でも簡単にできる方法があります。この方法なら、金継ぎに初めて挑戦する人でも壊れた器を修復可能です。金継ぎの方法を簡単に紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。

金継ぎで修復できる器とは

そもそも金継ぎなら、どんな器でも修復できるのでしょうか。答えは「NO」です。ガラス製のコップや漆器は、金継ぎ職人でも難易度が高くなります。初心者でも挑戦しやすいのは、陶器です。接着しやすく、金継ぎの跡も模様として楽しめます。

簡単な金継ぎのやり方

まずは破片の断面の面取りを行います。耐水ペーパーやダイヤモンドヤスリを使って、丁寧に削りましょう。筆や竹べらなどを使って、断面に麦漆(むぎうるし)を薄く塗ります。漆が多すぎると、割れ目からはみ出し、仕上がりが汚くなるので注意が必要です。少しはみ出るくらいが適量です。

破片を接着したら、マスキングテープで両面を固定するとズレにくくなります。漆風呂と呼ばれる、温度20~30℃、湿度70~85%程度の箱に入れて保管しましょう。1~2週間ほどおき、完全に固まったら、マスキングテープを剥がします。割れ目からはみ出た漆は、カッターナイフや耐水ペーパーなどで削っておきましょう。

大きな欠けや欠損部分には錆漆(さびうるし)を埋めます。再度、漆風呂に入れて固め、はみ出た漆を耐水ペーパーで削り落としてください。表面の滑らかさが最後の仕上がりを大きく左右するため、少しずつ丁寧に作業しましょう。

次に黒色漆を下地として薄く塗ります。漆風呂で乾燥させたら、いよいよ仕上げです。弁柄漆という金粉の下地を、黒色漆の上に塗りましょう。薄ければ薄いほど、仕上がりはきれいです。15~30分程度時間をおき、金粉を撒きます。余分な金粉は刷毛などで払い落としておきましょう。漆風呂で1週間ほど固めて完成です。

金継ぎを行う際の注意点

金継ぎに使うのは、天然の漆です。漆は直接皮膚に触れると、かぶれる可能性があります。作業時には手袋やアームカバーでしっかりとガードしておきましょう。

まとめ

金継ぎの歴史は、安土桃山時代もしくはそれ以上昔に遡ります。縄文時代にも、漆を使って器を治していたとの情報もあり、漆の性能ははるか昔から気付かれていたようです。金継ぎは初心者でも気軽に挑戦できます。材料や道具はホームセンターでも購入できるため、ぜひ挑戦してみてください。これまで以上に、器に愛着がわくはずです。

おすすめ陶器修理業者ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社M&I株式会社アレックス朝日画廊株式会社工房いにしへ修復工房おと家
特徴高い技術と経験がある職人がこだわりのパフォーマンスを発揮!顧客の思いに応えるためスピーディーかつ、きめ細やかな対応を心がけているさまざまなものの修復と修理を丁寧に行う「共直し」という手法で一つひとつの作品を丁寧に修復する「共直し」という手法で一つひとつの作品を丁寧に修復する
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索